テレワークリフォーム

働き方改革やコロナ禍の影響で、今もテレワークを継続している人はいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、仕事と暮らしを無理なく両立できるようなテレワークスペースのつくり方についてご紹介いたします。

テレワークリフォームのポイント
テレワークには集中できる環境と場所の確保が必要になってきます。
ご自宅にワークスペースを設ける際、リビングなどのオープンな空間の一角に設けるか、個室や半個室を新設するかによって、必要な工事プランも変わります。

「完全にプライベートな空間で仕事をしたい」「家族の気配を感じながら仕事をしたい」「日当たりの良い場所で仕事がしたい」など、理想とする環境はそれぞれ異なるかと思います。家の広さや、ご家族との距離感など、どのような環境が適しているのかを考慮して、設置場所を決めましょう。

「子どもが成長したら、勉強部屋としても利用する」「老後の趣味の部屋にする」など、将来どのように使うことになりそうか考えておくと、状況の変化に柔軟に対応できます。

リフォームアイディア
・使われていない押入れを利用する
ワークスペースを新しく用意しなくても、使っていない押入れをリフォームして有効活用できます。使いやすい広さに設定されたデスク用棚板を設置し、棚と引き出しを設けて、残ったスペースはクローゼットに。空間を無駄なく使い切るアイデアです。

◆おすすめ商品
LIXIL ヴィータス パネル


・LDKの一角に造作デスク
リビングやダイニングの一角に造作したパソコンデスクは、テレワーク作業だけでなく子どもたちの宿題コーナーとしても使えます。デスクに合わせて収納棚も造作し、日常に必要な小物や書類の指定場所にして、すっきりした空間を保ちます。


・寝室をオンラインミーティングブースに
オンラインミーティングの機会が増えた方も多いのではないのでしょうか。リビングでミーティングに参加すると家族に気を使わせてしまいますよね。そんな方は寝室にオンラインミーティングブースを設置してみてはいかがでしょうか。寝室は日中は使いませんし、締め切ることもできるので、集中してミーティングに参加できます。ロールスクリーンやパーテーションを設置すると、気になる背景を隠すことができるのでおすすめです。

◆おすすめ商品
DAIKEN 集成材カウンター(ゴム材)