門扉

門扉とは、道路と住宅との境界線に設けられる門の扉です。防犯、プライバシー保護など、人を簡単に敷地内に入れない為の役割を果たしています。
今回は門扉について利便性や各社から出ている商品をご紹介いたします。

門扉の利便性
・防犯性を高める
門扉は防犯性を高める効果があります。空き巣は入りにくい家を嫌いますので、門扉があることで侵入しにくい印象を与えることができます。
高さのある門扉を設置する場合には防犯性が低くなることもあるので注意が必要です。死角が生まれないよう、スリットの大きな門扉を選ぶのがおすすめです。

・安全性を高める
小さいお子さんやペットが敷地外へ飛び出て、歩行人や車と接触してしまうといったような飛び出し事故の防止にも門扉は効果的です。突然玄関を飛び出しても、門扉があるため、安全性を高めることができます。

・プライバシーを高める
門扉がない家の場合、玄関先に置いておきたいけれどちょっと見せたくないものが丸見えになってしまうこともあります。しかし、門扉があれば外から美しく見える上、見せたくない部分の目隠しにもなり、程よくプライバシーが守られます。

各社から出ている商品
◆LIXIL 開き門扉AB
・フェンスとコーディネートできる木調カラー
・シンプルで施工しやすい+安定した動作のオートクローザー
・玄関ドアと連動可能な3つのエントリーシステム


◆三協アルミ レナード
・開閉がスライド式なので、アプローチ階段前や住宅密集地などにおける狭小敷地におすすめ
・車椅子でも開閉しやすく通行もスムーズなバリアフリーに配慮した商品です。
・勢いよく閉めた扉で手をはさまないように配慮した「セーフキーパー仕様」

◆YKKAP シャローネ
・美しいラインを徹底的に追求した、シンプル・スタイリッシュなデザインの鋳物門扉。
・高さ1800mmの高尺もご用意