屋根の傷みチェック

家に長く住むためには、定期的なメンテナンスが必要ですが、そこで見落としがちなのが「屋根」です。
屋根は風雨や直射日光から住宅を守る重要な場所ですが、目につきにくい場所にあるため、どれくらい傷んでいるのか把握できないからです。
屋根の傷みを放置していると、雨水の侵入や腐食の原因になり、住まいの寿命を縮めることになります。さらに、放置した屋根材がはがれ落ちる危険性もあります。
とはいえ、ご自分で屋根に上がるのは大変危険です。家についての知識豊富な専門家に点検してもらいましょう。

屋根の劣化現象
専門家に点検してもらい以下のような現象がある場合は、早めの修理が重要です。

◆コケ・カビ
そのまま放置しておくと防水性を損ない、屋根素材自体を傷める原因になります。

◆ズレ・割れ・反り
防水上の問題が大きく、放置すると漏水に繋がる恐れがあります。

◆色あせ
塗料のもつ防水性・素材保護の役割が損なわれている状態です。早めの処置が必要です。

◆釘抜け
台風・強風などで屋根材が飛ばされる危険性がありますので、早めの処置が必要です。

屋根の改修方法
屋根の改修が必要な場合は、以下のような工法があります。
どの工法が適しているか専門家に相談しましょう。

◆屋根の葺き替え
既存の屋根を撤去し、新しい屋根に張り替えるタイプのリフォームです。
屋根の傷みが激しい場合・屋根勾配に適した屋根材が元々施工されていなかった場合には葺き替えが必要です。また軽い屋根にすることで耐震性が高まります。

◆屋根のかぶせ葺き
既存の屋根の上に、新しい屋根をかぶせるタイプのリフォームです。
葺き替えが必要なほど傷んでいない場合には、こちらの工法が適しています。
葺き替えるより短期間で施工でき、工事費用を安く抑えることができます。