外壁の傷みチェック

住宅は長く暮らしていくうちに、様々な箇所に徐々に傷みが現れてきます。普段からの定期的なチェックやメンテナンスが必要です。
住宅の中でも傷みが現れやすい箇所のひとつは、「外壁」です。外壁は常に屋外の厳しい環境下に晒されているため、傷みが進みやすいといわれています。
今回はそんな外壁の傷みのチェック方法をご紹介いたします。一度しっかりとチェックしてみましょう。症状が悪化している場合は早急な対応をおすすめします。

①目地割れ
外壁には「目地(めじ)」と呼ばれる切れ目があります。ここが割れていると注意が必要です。
目地割れが起こるとサイディングの背面が水を吸い込み、裏面から傷んでしまいます。
既存のシーリング材に重ねて補修する方法と、既存のものを取り除いて新しく補充する方法があります。

②ヒビ割れ
外壁に発生するひび割れをクラックと呼びます。その部分から雨水が侵入し、雨漏りの要因となります。髪の毛の太さほどのクラックであれば簡単な補修で修繕可能ですが、大きくなると補修が大規模になります。

③チョーキング
外壁塗装が劣化すると粉がふき、撫でると指先に白い粉が付着します。粉のようなものは劣化した塗料が剥がれおちたもので、そのままにしておくと外壁が直接水を吸う状態となり、カビやコケの原因になります。濡れたり乾いたりを繰り返すことで、壁のクラックの原因にもなります。チョーキングが生じたら外壁塗装の塗り替えのタイミングとなります。