築45年のいわゆる「和風住宅」に移り住むことになったG様。親戚の方々が集まったときには続き間の和室を広々と使いたいとのご要望をいただき、大人数で集うことのできる空間を残しつつ、家族が普段使う生活空間は使い勝手のよい空間にするために、キッチン部分を増築したり、無駄になる空間は減築するというRESTILOならではの空間演出盛りだくさんのプランとなりました。


リフォーム箇所

住宅の右側半分全面

施工データ

建物構造/種別:木造在来工法・戸建て
築年数:45年
工事面積:71.08平方メートル(1F:48.28平方メートル / 2F:22.80平方メートル)
工事期間:2ヶ月リフォーム
費用:約1,000万円

天窓からの採光で明るいリビング空間

ダイニングテーブルの上には2つのトップライト(天窓)。自然の光が広々としたリビングダイニング全体にいきわたり、部屋全体を明るく心地よい空間にしています。

子どもたちの秘密基地

リビングと隣り合わせのリビングイン階段は子どもたちが集まったときには椅子代わりにもなります。
子どもたちが階段に腰掛けている様子は、ひな壇の様。階段奥のデッドスペースは子ども部屋として。子どもたちにとっては、秘密基地のような演出に。

子ども部屋とリビングをつなぐ窓

階段上部の子ども部屋には気になる窓が。子ども部屋とリビングをつなぐ窓からは、リビングを覗くことができ、風や光をリビングに届けるだけではなく、家族の気配もお互いに感じられるような設計なっています。

お部屋のおしゃれ度をアップさせる飾り棚

残さなくてはいけない柱を活かしつつ棚と組み合わせることでお部屋のおしゃれ度をUPさせています。工事費用が莫大に増えるということはなく、ちょっとしたワンポイントとして好評です。