今回のテーマは「家族団欒LDKリフォーム」です。
家族が集うLDKは家族で団欒できる居心地良い空間にしたいものです。
LDKのリフォームで家族のコミュニケーションを深めましょう。
今回はそのポイントをご紹介いたします。


対面キッチンは、リビング・ダイニングに対面している間取りなので、リビングにいる家族とコミュニケーションをとりながら調理することができます。家族との会話も弾み、独立型キッチンのように孤立することがありません。
小さいお子様がいる家庭では、子供の様子を見守りながら調理ができるため安心です。

LDKスペースを広くすることによって、さまざまな空間を生み出すことができ、その空間で過ごす人が増えます。リビングにいる時間を増やすことで、自然と家族とのコミュニケーションが深まります。
例えば、お父さんはテレビを見ていて、お母さんはお菓子作り、子供はおもちゃで遊ぶ、といったような過ごし方ができます。広々スペースなので全員が別々のことをしながらも、それぞれの存在を感じながら過ごすことができ自然と会話も弾みそうです。

今回は家族団欒LDKリフォームのポイントをご紹介いたしました。
家族が集いたくなるLDKで家族団欒の時間を増やしてみてはいかがでしょうか。