今回のテーマは「ハッピーリタイアリフォーム」です。
定年退職や子供の独立などのタイミングで住まいを見直す必要があります。暮らしが大きく変化するため、長年慣れ親しんだ住まいも、色々なところに、不満や不便を感じるようになってきます。これからの暮らしを楽しく、快適に、安心・安全に過ごせる住まいを目指してリフォームしてみてはいかがでしょうか。
今回はその中でも安心・安全面に関わるバリアフリーについてのリフォームポイントをご紹介します。


高齢者や障害を持った方は、生活していく上でちょっとした段差、階段などで、障壁(バリア)を感じることがあります。
バリアフリー住宅とはそのような障壁を除去した住まいのことです。

小さな段差や狭いトイレや廊下などは、現段階では平気でも十年、二十年後に辛くなるかもしれません。将来のことを考えつつ、この機会にバリアフリーの下準備を行うことをお勧め致します。

滑りにくい床材への取替、段差解消、ドアを引き戸に変更するなどに加えて、手すり取付のための壁の補強、広めの水まわり空間・通路幅の確保などのバリアフリーの下準備をしておくことで、将来の様々な状況に対して少ない工事で対応可能になります。

今回はバリアフリーについてポイントをご紹介しました。
この機会に将来について考え、下準備をしておくとよいでしょう。

次回は「住まいの間取り」をテーマにハッピーリタイアリフォームのポイントをご紹介します。