今回のテーマは「玄関リフォーム」です。
玄関は、お家の中でも一番最初に見られる場所です。そんな玄関ドアをリフォームすることで家全体の印象も変わります。個性を演出しつつ、使いやすくするリフォームを目指しましょう。
今回は、そのポイントをご紹介します。

玄関ドアのリフォームは家のイメージを大きく変えることができるリフォームのひとつです。玄関ドアには個性的なデザインやカラーリングのものもあり、バリエーションは豊富で、ドアを取り換えるだけで印象を変えることができます。さらに通気性、断熱性、防犯性といった機能を備えたドアもあります。
例えば、玄関ドアをより使いやすくしたいという方はリモコンやワンタッチ操作で施解錠できるドアがお勧めです。荷物で両手がふさがっている時もスムーズな出入りが可能になります。カギ穴を探す必要がなく、夜でも開け閉めしやすいといったメリットもあります。
玄関の湿気や匂いが気になるという方には、採風ドアが最適です。ドアの本体に通風機能を持った“窓”が付いているため防犯とプライバシーに配慮しながら換気ができ、こもった熱や湿気、匂いなどが溜まりにくくなります。
玄関ドアのリフォームでは既存の枠の上から新しい枠を取付けるカバー工法という工事方法が増えています。工事が1日で済むスピード施工が可能になります。

長年住んでいると、ものが増え収納スペースが足りなくなってくることもあるかと思います。靴やガーデニング用品、掃除用具、子供が外で遊ぶおもちゃなどが増え既存の玄関収納では追い付かないという方も多いのではないでしょうか。
玄関に置いておくと便利なものは沢山ありますが、それを収納するスペースが足りなくなってきたという方には、天井までの高さの収納がお勧めです。収納スペースを拡大することで、玄関収納に入りきらなかったものも片づけることができ玄関をスッキリ見せることができます。

玄関ホールの内装が古くなってきた・デザインを変えたいという方は内装リフォームをしてみてはいかがでしょうか。土間部分の床材や敷いてあるタイルの交換、壁紙の張り替えをしてみましょう。
例えば、土間については、滑りにくく水に強い床材を選びましょう。土間は外からのほこりや土で汚れやすいので、水に強く手入れがしやすいと、玄関をきれいに保つことができます。さらに雨水で濡れるので、濡れた靴でもすべらないことは安全面で重要です。
人や物が出入りする玄関は家の中でもちょっとした汚れやキズがつきやすい場所でもあります。壁紙については、消臭・汚れに強い壁紙や耐久性の高いものを選ぶとよいでしょう。

今回は玄関リフォームのポイントをご紹介しました。
玄関リフォームをお考えの方はぜひ相談してアドバイスを受けましょう。