今回のテーマは「快適バルコニーリフォーム」です。
洗濯物や布団を干す場所であるバルコニーですが、近年ではデザイン性や開放感を意識した活用も注目されています。住まいにとって必要不可欠な存在であるバルコニーを活用して、より暮らしやすい住まいにさせましょう。
今回は、そのポイントをご紹介します。


バルコニーは洗濯物を干す時など用事のある時だけ出入りする場所になりがちです。そのため、気が付かないうちに腐食していたり、傷んでいるということもあります。
雨や紫外線による影響を非常に受けやすい箇所で、その分劣化しやすくなっています。漏水や腐食が進み大きな工事が必要になる前に定期的にメンテナンスをすることが重要です。

お洒落にリフォームしたり、狭かったスペースを増設したりして、さまざまな目的に合わせた用途で楽しむ方が増えています。限られた敷地を目一杯活用し、より広い空間にすることで、光と風を楽しむ憩いのスペースとなることはもちろん、物干しなどの家事空間としても使いやすくなります。
特に、庭が小さい・庭のスペースがない戸建住宅には最適です。
日当たりの良い場所なら、家庭菜園をしたり、鉢植えを置けば、暑い季節もさわやかです。
気分転換やリラックスできる空間になるよう、ガーデンテーブルや椅子などを配置するのもおすすめです。ライフスタイルに合わせた用途でバルコニーを活用しましょう。

バルコニーにサンシェードやオーニングを組合せれば、天候や時間に合わせて風や光がコントロールできます。風通しの良さは保ちつつ、目隠しにもなります。
これからの時期、日差しが強く暑い日が続きます。日射を効果的に遮りながら室内まで爽やかな風を招きいれて快適な空間を演出しましょう。

今回はバルコニーリフォームのポイントをご紹介しました。
物干しスペースとしてだけでなく、気分転換やリラックスできるバルコニー空間をつくってみてはいかがでしょうか。