今回のテーマは「風通しをよくする採風リフォーム」です。
住まいにとって風通しが良いことは、快適かつ心地よく暮らすために大切なポイントです。家中どこにいても爽やかな風を感じられれば、これからの暑い季節でも涼しく過ごすことができるでしょう。
風通しがいい家は、家の中の湿気やホコリなどを外に出して、空気環境を改善してくれます。カビや結露も防ぐことができ健康的に暮らすことができます。
今回はそのポイントをご紹介いたします。


家の風通しを良くするには、まずお住まいの地域の風向きを把握しましょう。分からない場合には、気象庁のホームページでチェックしてみましょう。
その風向きにあわせて適切な風の入口と出口をつくることが大切です。屋内に風が入って来るための窓と、屋外へと出ていくための窓を作るのがポイントとなります。この2つの窓が一直線に対面する配置になっているのが理想的です。1面ばかりに大きな窓がたくさんあっても風通しはよくなりません。窓が小さくても配置がしっかりとしていれば、風通しが良くなります。

住まいを全体で見たときに風の入り口と出口が対面する配置であったとしても、屋内で行き止まりになってしまっていては、あまり風通しは良くなりません。
住まいの中に心地良い風の流れを作るには、風の行き止まりを無くし、風の通り道を作る必要があります。
そこで、活躍するのが室内窓です。室内窓とは、家の中の間仕切り壁に取り付ける窓のことです。通風や採光の効果があり、住まいの風通しがよくなるだけでなく、部屋も明るく開放的な雰囲気になります。

住まいに上手く風を通すには、窓を開けっぱなしにしておくことでたくさんの風を住まいに取り入れやすくなります。しかし、プライバシーの問題や防犯面の心配もあり、なかなか窓を開けっぱなしにすることは難しいかと思います。
そこで、開けたままにしておきやすい窓を選びましょう。引き違い窓よりも、ルーバー窓や上げ下げ窓、内倒し窓などがおすすめです。
風が入りにくい密集地では、開き窓やたてすべり出し窓を取り付けておくと、壁に沿って流れる風も部屋内に取り込んでくれるようになります。
また、窓だけでなく広い開口部である玄関や勝手口を開け放つと、大きな風の通り道をつくることができるためおすすめです。採風機能のついた玄関ドアや勝手口もあるので、チェックしてみてください。

今回は住まいの風通しをよくする採風リフォームのポイントをご紹介しました。
家の方位や間取り、住んでいる地域の風の向き、そして暮らし方によって最適な窓も異なりますので、じっくり選んでリフォームしましょう。