今回のテーマは「家事ラクラクリフォーム」です。
最近では働く忙しい主婦も多くなり、効率的に家事をこなすための工夫が求められます。
家事の負担を軽減し、快適な生活を送りましょう。

今回はそのポイントをご紹介いたします。


家事をする時に動く経路のことを“家事動線“といいます。家事動線の移動が短いと、効率的で良い動線といえます。
料理や洗濯、掃除など様々な家事を効率よくこなすためには、スムーズな家事動線にすることが大切です。間取り図に動きを書き込むなど、一度家の家事動線をチェックしてみましょう。
キッチンの位置や方向を変えて独立型キッチンをオープンキッチンにしたり、ユーティリティスペースを周遊型にしたり、分散している家事スペースをまとめることで、部屋の行き来がしやすくなり動線の距離が短くなります。
ライフスタイルに合わせてベストな家事動線を考えてみましょう。

水まわり設備の掃除や手入れは特に手間が掛かります。
キッチンやバス、トイレなどは機能的で掃除も簡単な設備が多く出ています。家族やライフスタイルに合った設備を探してみてはいかがでしょうか。
例えば、ガスコンロを利用している場合は、IHクッキングヒーターにすることで、格段に掃除がしやすくなります。

家事の効率をあげるために欠かせないのが、機能的な収納スペースの確保です。
使いやすい収納スペースがあれば、片付けが楽になって、いつもお部屋や水まわりがすっきりします。適材適所に機能的な収納スペースがあることが重要です。
例えばユーティリティにタオルや洗面用具、洗濯洗剤など日常でよく使うものの収納スペースを設けたり、トイレにトイレットペーパー・掃除用具などの収納スペースを設けたり。
手に届くところにちょっとした収納スペースがあるだけで、家事の効率がアップするだけでなく、空間をすっきりと見せることができます。

今回は家事ラクラクリフォームのポイントについてご紹介いたしました。
家事を効率的にして快適な生活を送ってみてはいかがでしょうか。